グエル公園

グエル公園トカゲ

グエル公園はバルセロナにあり、1984年にユネスコの世界遺産に登録されました。

もともとは公園ではなく、グエル伯爵とアントニオ・ガウディの夢が作り上げた60軒の分譲住宅の予定地でした。

二人は、工業化が目覚ましいその時代に、自然と調和を目指した分譲住宅地を造ろうとしていました。

しかし実際に売れたのはたったの2軒。

それも、1軒はこの分譲地をガウディに依頼したグエル伯爵。

もう1軒はガウディ本人でした。

グエル伯爵の没後、市の公園として寄付され、今のグエル公園となっています。

公園自体は無料ですが、ガウディが手掛けた建物がある部分は有料です。

さすが観光地!商売がうまい!

馬車道
上が馬車道、下が歩道

ガウディ建築の特徴は、やはり自然をモチーフにした建築物。

インフラの整備もガウディが手掛けており、この馬車道もまるで洞窟がそのまま道になったかのような印象。

馬車道 歩道
馬車道の下の歩道

歩道部分の天井は鋭利な今にも落ちてきそうな感じ。

ガイドさんは「ケガしたくないから僕はあんまり通りたくない(^^)」と言っていたので、やはりちょっと危ないみたいです。

広場
グエル公園 広場

これは分譲地に住む人々のための市場になる予定だった建物。

屋根部分が先ほどの馬車道がある所からの地面(GL)なので

土の中に市場の部分が掘られている感じ。

経年劣化により屋根が腐ってしまって現在補修中なので、今は市場内部にはいけません。

市場
市場内部
市場模型
市場の断面模型
雨樋
口をあける獅子

市場の屋根付近には大きく口を開ける獅子。

雨が降った時には、ここから雨水を排水します。

グエル公園トカゲ
有名なトカゲちゃん

グエル公園で一番人気のトカゲちゃん。もしくはドラゴン。もしくは…?

見る人によって色々に見えます。

鮮やかなモザイクタイルがとてもキレイです。

しゅろの葉の門
シュロの葉をイメージした門扉

ガウディの建築はすべて自然にある動物や植物、海や森をモチーフにした物ばかりです。

この圧倒的な個性の建築。とってもシビレますね!

関連記事

  1. 摘果

  2. 2019年8月度 フラット35金利、3カ月連続で低下!!

  3. 春だね・・・