地盤調査は大切です☆

皆さん、こんにちは。
今日は1月の最終日ですね。
久しぶりの雨が降っています。

大気が乾燥しているので、
ちょっとの雨が嬉しいですね。

インフルエンザも流行っていますし、
恵みの雨となって欲しいです。

現場の方は地盤調査を行いました。

これは「ボーリング調査」を
行っている写真です。

住宅で一般的に行われる地盤調査は
「スウェーデン式サウンディング試験」といい、
地盤の固さを確認します。

戸建住宅のほとんどの地盤調査で
用いられる方法です。

この試験では、『地盤の固さ』 が判定できます。

ボーリング調査では「地盤の固さ」と
『液状化』の判定もできます。

液状化は大きな地震が来ると
地面が液状のようになり、
家が傾いてしまうこともあります。

東日本大震災の時に
千葉県など多くの場所で起きました。

川が近い、埋め立てた場所などで液状化しやすいです。

工学的に言うと砂の粒度が均一に近いほど
液状化しやすいと言われます。

いろんな大きさの砂が混ざっている層は
起きにくいです。

ボーリングでは、実際の土を取り出し、
試験をして、液状化しやすいか、判定をします。

将来必ず来ると言われる南海トラフ地震。

この地域は震度6強とも7ともいわれています。

市が発行しているハザードマップや
地盤調査会社が提供しているデータなどを参考に、
ボーリングの調査を行い、
適切な地盤改良を行いましょう!

☆オープンハウス(分譲住宅)のお知らせ☆

寒い冬花粉が飛ぶ春にも 暑い夏にも強い
パッシブデザインを取り入れた
温度差の少ない健康住宅
『青山の家』を体感いただけるお家があります!!


(コチラをクリックすると、特設ページにジャンプします!

パッシブデザインを取り入れ、
冬の日差しをしっかりと家に取り込み、
夏の日差しは家に入れないように工夫したデザイン。

C値=0.33c㎡/㎡ という、圧倒的な高気密と
Q値=1.7台(Ua=0.5台) という、高断熱仕様で
寒い冬でも少ないエネルギーで快適に過ごしていただけます!

週末以外でも ご予約を頂ければ体感いただけます。

雪が降る冬の青山の家の中の温度は コチラのブログの通りでした。

お問い合わせの電話番号は
 0532-57-7874
です。

皆さんのお越しをお待ちしています。

<インスタグラム、始めました>

青山の家のインスタグラムでは、ブログには載っていない
お家の写真も掲載しています。

家づくりや暮らしのヒントになれば幸いです。

青山の家のインスタグラムは こちらをクリックしてください。

関連記事

  1. 寒さにやられた

  2. サハラ砂漠

  3. ただいま建築中!