メスキータ

スペイン南部のアンダルシア地方にこのメスキータ(モスク)が建てられています。

この建物も、もともとはイスラム教の建物だったのですが、

レコンキスタ(国土回復運動)により再度キリスト教が入ってきて、

モスクの中にキリスト教の大聖堂をドーーン!とぶち抜いて建物を増築しています。

キリスト教の大聖堂の奥にイスラム建築の馬蹄形アーチが見える

 

イスラム教は偶像崇拝を禁止しているため、幾何学模様や植物などをモチーフにして装飾を施しますが、

それに対してキリスト教は天使や聖人などの絵や彫刻などで

装飾を施しているので、メスキータの中を歩くと違いがハッキリしていて面白いです。

天井に施された幾何学模様がとても美しいです
馬蹄形のアーチが続く大空間

メスキータのこの空間が美しすぎたので

お土産でこのアーチが描かれているタイルの鍋敷きを購入。

色鮮やかでとてもキレイなのでもったいなくて使えません

 

正木

関連記事

  1. 人気の住宅ローン☆

  2. サトウキビ

  3. 船底塗装