家の寒さの原因は??

みなさん、こんにちは。

先週末から本当に寒くなりましたね!
朝、家の中でもかなり冷えるのではないでしょうか?

そこで、今回は『寒さ』について、書いてみます。

家の中って、なぜ寒いと感じるのでしょう?

寒いと感じる原因は次の2点が大きく影響します。

 ① 体感温度が低い
② 足元が寒い

この2点を考えてみましょう!!

① 体感温度

体感温度は室内の場合

( 室温 + 周囲の表面の温度 )/2 = 体感温度

と言われています。

なので、壁や床が冷たいままでは、寒いと感じてしまうのです。

特に、窓の温度が重要です!

上の絵をご覧ください。

窓や壁、天井(屋根)や床など、いろいろなところから
温めて快適になった空気は逃げていきます。

その割合はどれぐらいだと思いますか?

なんと、窓が一番熱が逃げる、つまり寒い場所になりやすいんです!

5割以上が窓から熱が逃げるということは、
窓の断熱性を上げれば、寒さはかなり抑えられるということではないでしょうか?

(隙間があるお家の場合は、隙間を少なくしましょう)

② 足元が寒い

この原因については、部屋の上下に温度差が出来ることで寒いと感じてしまいます。

上下に温度差が出来る原因

(1)隙間が多い家である

(2)床の温度が低い

(3)コールドドラフトが起きている

などが挙げられます。

(1)は目張りをしたり、新築ならしっかりとした施工を行う事で防ぐことが重要です。

(2)と(3)は断熱性をしっかりと考えた家にすることが重要です。

つまり、新築を考えている場合、
この2点をしっかり考えたお家をつくらないと

寒い家 + 暖房費がかかる家 

となってしまいます。

これらを満たし、さらに日射しや地熱を活用することで
暖房費がかかりにくく、寒くなりにくい家ができ、
さらなる快適で健康的な暮らしが出来るお家になるのです。

実は、家の中を快適な温度にすると暮らしやすいだけじゃない、
嬉しい効果も実験から検証されて、結果が出ています!!

それはまた今度。

皆さん、風邪をひかないように注意しましょうね!!^^

関連記事

  1. 見学会 ココが見どころ!③

  2. ただいま建築中!

  3. ドラゴンズの清水投手が来てくれました☆