家の中の温度・・・壁の温度って??

皆さん、こんにちは。

今日はお昼から暑くなりましたね。
今日もお客様とお打ち合わせをさせて頂きました。
ありがとうございます。^^

その時、話題になったことなんですが、

お客様 「今日、外や車はめっちゃ暑いけど、この家の中は涼しいね!
やっぱ、断熱とかしっかりやってるからかなぁ?」

私   「放射温度計で調べてみましょう!」

と、夕方16:30頃だったと思いますが、
南側にあるリビングの床面、天井、
そして、東側の壁と西側の壁の表面温度を
測ってみました♬

まずは床。

24.9℃。

よ~く写真を見ると、
放射温度計の先に赤い点が見えると思います。

夏は直射日光が入らないように設計していますので、
極端に温度が高いということはありませんし、
床下にも断熱をしているので、
床下からの影響を受けにくいです。

次に東側の壁。

25.0℃。

夕方に撮影しているので壁面が日射によって
あたためられていることは、ありません。

また、袖壁があるので西日が東の壁面に
直接当たることもありません。

だから、床とほぼ同じ温度になったのかもしれません。

次に天井。
きっと温度は高いのだろうなぁ…

と、思っていましたが…

25.0℃!

ほとんど同じ温度!
シーリングファンを回しているから
温度は均等になっているようです!!

さいごに、西側の壁。
こちらは夕方ということもあり、
壁の裏は直射日光がガンガン当たっています。

断熱が効いていないと・・・

さて、結果は??

25.0℃!

ビックリしました!!

ほとんど変わりがないのです。

断熱材がしっかりと効いているからこそ、
直射日光が壁にあたっていても
室内の表面温度は、床や天井と変わらないほどの
状態を保つことが出来るのです。

これから暑くなりますが、
室内くらいは快適に過ごしたいですよね!

その時、注意していただきたいことがあります。

実は、暑い、寒いは
室温だけに影響を受けるわけではありません。

つまり

室温≠体感温度

なんです!

体感温度は室温と、
身の回りの物体から放出される熱(輻射熱・赤外線)に
よって大きく変わります。

つまり、体感温度は室温と床や壁、天井などの温度によって
変わってくるのです。

例えば、暑い日に
ひなたにいるのと日かげにいるのでは
日かげの方が涼しいと感じると思います。

太陽の熱を直接浴びないことで、
体感温度が下がるためです。

しっかりと断熱をすることで
暑い日も寒い日も快適な室内環境が
保てるのです!

温度差の少ないお家って、いいですよね^^

 

 

関連記事

  1. 大阪旅行♪

  2. スミレ

  3. 我が家のダンくん

    わんにゃん浄水器~今月のわんこ~